浮気相手の気持ちにちょっと新鮮な感覚を覚えた!


夫が浮気をしていた相手は、夫よりも私よりもかなり年下な女性でした。

そんな浮気相手とどのように知り合ったのか、私にはわかりません。

夫も追及を重ねてもあまり言及しないので、私のほうが見切りをつけたという感じです。

しかし夫の浮気相手の気持ちを知り、私はちょっと新鮮な感覚を覚えたことがあります。

決していいことばかりではありませんが、その新鮮な感覚を覚えたことを紹介したいと思います。

夫が浮気をしていた相手が年下だと知ったこと

結婚するまで夫は、年上の人と付き合うことが多かったそうです。

そして私も夫よりも年上なのですが。

それを考えると、夫は年下よりも年上女性のほうが好きなんだろうと、私は勝手に想像していました。

しかしながら、夫の浮気が発覚して相手の年齢がわかった時。

その年齢が夫よりも年下だと分かった時。

私はちょっと新鮮な気持ちになりました。

それは夫は年齢を重ねてくると、自分よりも年下に興味を持つんだとあたらめて感じたからなんです。

これまで感じたこともなかった感覚に、私は少し驚きました。

夫が浮気できるなんて

夫が浮気をする可能性がゼロであると思っていたことはありません。

夫の家庭環境や、これまでの恋愛歴を見てみると、浮気をすることもあるだろうなと感じていました。

しかしながら、仕事も忙しく、子供も生まれると、だんだんと男女というよりかは父親の感覚が強くなりますね。

そうすると夫が浮気をするなんて感覚が薄れてきたいたのです。

そんな時に夫の浮気が発覚。

私はこんな夫が浮気することが出来るなんて。

こんな夫が女性に興味があるなんて。

こんな夫が年齢的にも体力的にも劣ってきているのに、浮気でいたなんて!

と自分が忘れていたこと、考えもしなかったことが次々と発覚し、ある意味新鮮でしたね。

一番新鮮な気持ちになったのは、浮気相手からの手紙

浮気をしているとわかったきっかけは、浮気相手からの手紙を発見したことでした。

始めは普通の封筒に入っているものだったので、まさか浮気相手からの手紙なんて思っていませんでした。

しかし中身を見て、少し驚きました。

私が忘れていた感情がそこに書かれていたのです。

例えば、あの時優しくしてくれてうれしかった…とか。

一つ一つの行動に優しさを感じたというのです。

夫はどれだけ浮気相手に優しくしてやっているんだ?と突っ込みたいところですが…。

またどこどこに行って楽しかったね。

今の私たちのお出かけというのは子どもが中心で、常に子供を意識して動いています。

そのため二人のデートというのはありません。

また逆に二人でデートに行くのが気まずい。

それを浮気相手の楽しくやっていた夫の行動ですが、その手紙を見ると、はいはい、楽しめてよかったねと新鮮な気持ちにもなりましたが、逆切れしそうにもなりました。

また新鮮な気持ちになったことはもう一つあります。

そんな浮気相手からのラブレターを夫が大切に持っていたこと。

これまでなら、あまり執着心はない夫ですから、手紙なんて残しておくことはあり得なかった。

しかしながら、今回このように手紙を残して保管していたのは何か?

相当浮気相手にほれ込んでいた?私へのみせつけ?いろいろなことが考えられますが、今までとは全く異なる夫がそこにいることに、ちょっと新鮮でした。

これだけの夫に変化させてしまった浮気相手って、正直すごいですよね。

私はいつも目の前にいる夫しか知らないので、あまり興味はなかったのですが、彼女からの手紙を見ると、あーそうなのかと改めて感じることがたくさんありました。

つまりそれだけ深い関係でもあるということで、逆に怒りの感情もわきましたが、今更言っても仕方がありません。

彼女の手紙を取っておくという悪趣味な夫はさておき、私はこの手紙を夫にわからないよう処分したのは言うまでもありません。

きっと、私には言い出せないし、責めることはできないので、このままになってしまうのではないでしょうか。